[SFC]もう一度やりたい:スーパーファミコンのおすすめ名作ソフトまとめ

ファミコンの後継機として世界的なヒットとなったスーパーファミコン。

ハードの性能がアップしたことによりファミコン以上に名作が生まれることとなりました。

今回はそんなスーパーファミコンの名作ソフトを思い出補正多めで紹介していきます。

スーパーファミコンのおすすめソフト

スーパーマリオワールド

スーパーファミコンの発売と同時にリリースされたタイトル。スーパーファミコンといえばこの作品です。

ヨッシーが仲間になったりマントマリオでずっと空を飛んだりとアクション性がアップしました。

各ステージの最後にいるコクッパ達との戦いもそれぞれ工夫が凝らしていて面白いです。

途中にあるスターロードを使えばラスボスまであっという間。

子供の頃に手こずったステージも今やってみればそこまで難しく感じないはずです(最後の方はやはり難しいけど)。難易度は丁度いいですね。

この作品をやらないなんて勿体ない。

スーパーマリオコレクション

スーパーマリオブラザーズ1・2・3とスーパーマリオUSAが一緒になってリメイクされた作品。

グラフィックや音質が大幅に向上しています。

また2段階変身後にダメージを受けた場合スーパーマリオに戻る仕様になっており、難易度が低下しました。

スーパーマリオUSAに関しては、プレイスタイルが普通のマリオとは別ものです。

かなりクセがあるため人を選びます。私は苦手でした(;´∀`)。

スーパーマリオRPG

スーパーファミコン史上最大の名作ではないでしょうか。任天堂とスクウェアがタッグを組んだ作品(今はもう無理でしょうね・・)。

RPGながらもふんだんにアクション要素を取り込んでいます。

またクッパが仲間になるというストーリーは当時衝撃でした(しかも強い)。

スーファミ後期に発売されたタイトルだけあってグラフィックもトップクラスの綺麗さです。

難易度はやや低め。経験値が2倍貰えるアイテムなどもあるためサクサクプレイすることが可能です。

私はこの作品をやりたいがためにWii(バーチャルコンソール)を買ったくらいです。WiiUでも発売されていますので、気になる方はぜひ。

スーパードンキーコング2

ディディーとガールフレンドのディクシーがドンキーを助けに行く物語。

マリオシリーズとは違ってスピード感のあるアクションが見どころとなります。

グラフィックは非常に綺麗で、綺麗すぎて逆に目が疲れるほど。

難易度はマリオよりも高くなっており、やりごたえがあります。

ドラゴンクエスト1・2

ドラクエ作品の最初のリメイクとなったのがこの作品です。

多くのプレイヤーを苦しませていた復活の呪文がなくなり、セーブデータ式になりました。

また難易度調整が行われており、1は経験値とゴールドが多くもらえ、2はサマルトリアの王子の装備が強化されています。

かなり難易度は下がったとはいえ2のロンダルキアへの洞窟の難易度は依然高いです。

個人的にドラクエと言ったらこの作品です。

ドラゴンクエスト3

ファミコンで圧倒的な人気を誇る作品のリメイク。スーファミ後期に発売されたためグラフィックの綺麗さが凄いです。ここまでできるのかという感じ。モンスターもヌルヌル動きます。

この作品から性格という概念が登場し、性格によって強さが変わります。

また新たに取り入れられたスゴロク場が楽しいです。うまくいけばグリンガムのムチが手に入ったりすることも。

2人パーティーや3人パーティーなどといった縛りプレイにもぜひチャレンジしてください。

ドラゴンクエスト6

スーファミで一番ストーリーが長いドラクエ。二つの世界を行ったり来たりします。

ちょっと長すぎて途中からグダるところもありますが、ムドー討伐までの面白さはピカイチ。

転職システムもあり、上級職が登場するのもここからになっています。

特技が強いこととMPがかからないため、後半呪文が要らなくなることに(笑)。

一般の評価はそこまで高くはないですが、個人的にスーファミで一番遊んだソフトということもあり、思い入れがかなりあります。

ファイナルファンタジー6

個人的にスーファミで一番好きなFF作品。グラフィックが超絶キレイ。ストーリーも壮大です。

14人のキャラクターが登場し、誰をメインで使うかは迷いどころ。人によってかなり異なると思います。

私はティナ・エドガー・マッシュ・モグが一軍パーティーでした。なぜか主役のロックは三軍に・・。

一軍メンバーばかりを育てていたので、3パーティーで交互に戦うラスボスステージで苦労しました。

今プレイしても色あせない永遠の名作だと思います。

がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス

横スクロールのマリオっぽいゴエモン。江戸時代を舞台にした活劇絵巻となっています。

今作からサスケが使用可能になりました。恐らく多くの人が高性能なサスケばかりを使っていたと思います。エビス丸は・・。

各ステージの最後にゴエモンインパクト戦があり、ボスも力士や天狗といった具合に個性豊かです。

2人プレイも面白く、友達といつも遊んでいました。

がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛のからくり卍固め

2とはうって変わってゼルダっぽい作品。

ストーリーの前半が江戸時代、中盤~後半が未来になっています。

2は短いステージが何個もありましたが、3では長いステージが少数。その意味でかなりやりごたえのある内容になっています。特に中盤のからくりタワーは難易度高すぎ(;´∀`)。

あと謎解きも多くあり、攻略本がないとかなり迷います。どちらかというと大人向けなゴエモンと言えます。

ロックマンX

スーファミでの最初のロックマン。

ダッシュや壁蹴りというアクションが取り入れられスピード感のある作品となっています。壁蹴りのおかげで穴に落ちることは減りましたね。トゲはダメだけど・・。

一番最初にダッシュパーツがあるアイシーペンギーゴから攻略するのはもはや鉄板。

8体ボスの難易度は普通ですが、シグマステージの難易度は激ムズ。特にラスボスのシグマはめっちゃ強敵です。

バトルドッジボール

ヒーローたちが繰り広げるはちゃめちゃドッジボール大会。なぜかバーチャルコンソールでは発売されていません(;´・ω・)。

ボールキャッチのタイミングが非常にシビアで、レベルが上がるほどスピードが速くなるので難しくなります。

また各キャラクターごとに必殺技が用意されているので、ゲージが溜まると全体攻撃が可能になります。

もはやドッジボールでもなんでもなく、非常に大味なゲーム(笑)。

大味だからこそ友達同士で遊ぶのが楽しいです。

F-ZERO

スーパーマリオワールドと一緒にスーファミ発売時にリリースされた作品。

マリオカートとは異なり、大人な内容の本格レースゲームになっています。スピード感が凄い。

外壁に触れるとダメージを受け、HPが0になると爆発するという仕様になっています。この爆発音が大きくて子供の頃はビビリまくっていました。

ストリートファイターZERO2

スーファミで一番好きな格闘ゲームです。

PS版と違ってロードがありません(試合開始直後2秒ほど止まりますが)。そのためストレスなくプレイすることができます。

ストⅡに比べて技も出しやすいです。

ZERO2はキャラクターの個性が豊かなところがイイですね。個人的にはバーディーやソドムなどが好きです。

豪鬼も最初から使用可能なところもGOOD。

まとめ

上に挙げた多くのソフトはUiiやUiiUなどのバーチャルコンソールでプレイすることが可能です。

スイッチでもいずれできるようになるかと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

元アパレル店員。ファッションとけもフレが好きなダメンズです。脱オタ歴は今年で9年目。トラッドをワークやミリタリーで崩すテイストが好き。30代中盤を迎え、体重がどんどん増えていることが悩み。