[V系]ゴールデンボンバー(金爆)のオススメ曲まとめ

ゴールデンボンバー画像1

今回は皆さんご存知、ゴールデンボンバーについて。

もはやV系No.1の知名度。コアなファンからにわかファンまで多くの人に愛されているバンドです。ちなみに私はにわかです(笑)。

紅白出場でのパフォーマンスを機にお茶の間での人気も一気にあがりました。

2013年には「女々しくて」でカラオケランキング49週連続、通算50週連続1位を獲得。これは新記録だそうです。

ゴールデンボンバーについて

ゴールデンボンバー画像2

出典:http://blog.livedoor.jp/kwi9v709ul/

2004年結成。キャッチコピーは「笑撃のライブパフォーマンスと、奇才・鬼龍院翔の創り出すクオリティーの高い楽曲で注目の究極のエアーバンド」。

かなり古くから活動しているんですね。ネオヴィジュアル系と同時期ですが、これには含めません。

もともとはパンクバンドでしたが、ボーカルの鬼龍院翔がV系バンドをやりたいと言ったところ他のメンバーも興味を持ちV系に移行していきます。

現在のようなパフォーマンスを行いうようになったきっかけは、鬼龍院翔が当時付き合っていた女の子が耳が不自由だったから。耳が不自由な人でも楽しめるライブを目指そうとパフォーマンスを行うようになりました。

今までになかった試みが功を制し、ライブやYou Tube、ニコニコ動画などの動画投稿サイトで人気を博していきます。

人気爆発のきっかけとなったのは9thシングル「女々しくて」。もはや説明不要の代名詞ですが、初期の頃は踊ってみたなどのユーザー投稿系で人気が出ていたのを覚えています。

そしてMステ出場からの紅白出場。紅白にはここから4年連続で「女々しくて」で出場します。同じ曲で4年連続での出場は夏川りみの「涙そうそう」以来となります。

個人的には、2年目のボーカル以外全員別人(体操選手)とダルビッシュの丸坊主パフォーマンスが衝撃的でした。

2016年は出場を逃しましたが、年に一度の楽しみがなくなったようで非常に寂しかったです。やはりお笑い枠は必要ですね。できれば他の曲を演奏して欲しいのですが・・。

ちなみに鬼龍院翔は一時期お笑いを目指しており、NSCを卒業しています。

楽曲に関してですが、お笑いパフォーマンスとは裏腹にV系の王道ともいえるカッコイイ曲が多いです。特にシングル曲においてこの傾向が目立ちます。

鬼龍院翔が作詞作曲編曲までを行い、演奏はメンバーができないため、eversetのtatsuo氏に依頼しています。ギターの喜矢武豊はたまにライブで演奏することがありますが、結構ヤバイです(笑)。

ゴールデンボンバーのオススメ曲

ローラの傷だらけ

V系の王道メロディー。日本レコード大賞の作曲賞を受賞。タイトルはもちろん西城秀樹の「傷だらけのローラ」から。最後の元カノの名前が羅列してあるところが好きです。

酔わせてモヒート

カッコイイ曲。ただし歌詞はネタ。渡辺直美が出演しているPVも面白い。

†ザ・V系っぽい曲

タイトル通りいかにもV系なメロディーを集めて作った曲。Aメロは完全に初期のガゼット(笑)。

また君に番号を聞けなかった

ゴールデンボンバーには珍しく淡い青春の一幕を歌った曲。最後の高速セリフがやりたかっただけだと思う。

元カレ殺ス

元カレ・元カノを殺したいほど愛しているという曲。メロディーがめっちゃキレイ。ちなみにアニメソングの「DT捨てる」はこの曲の歌詞を変えたバージョンになります。すごいタイトルだな・・

ごめんね、愛してる

至極のバラード曲。ネタ要素一切なし。ただしライブではお笑いになったりすることも。

TSUNAMIのジョニー

大物アーティストの楽曲をパクったアルバム「イミテイション・ゴールド〜金爆の名曲二番搾り〜」収録。完全にサザンオールスターズな曲です。

ゴールデンボンバーのオススメアルバム

ゴールデンベスト〜Pressure〜

プレッシャー(笑)。オススメ曲は「抱きしめてシュヴァルツ」「女々しくて」「ごめんね、愛してる」「TSUNAMIのジョニー」「トラウマキャバ嬢」

ゴールデンベスト〜Brassiere〜

ブラジャー(笑)。オススメ曲は「ワンマン不安」「毒グモ女(萌え燃え編)」「元カレ殺ス」「ドスケベ」

こんな感じです。

人気が出る前にライブに行っておけばよかったとシミジミ(´;ω;`)ウゥゥ

ABOUTこの記事をかいた人

元アパレル店員。ファッションとけもフレが好きなダメンズです。脱オタ歴は今年で9年目。トラッドをワークやミリタリーで崩すテイストが好き。30代中盤を迎え、体重がどんどん増えていることが悩み。