[京都観光]アジサイが綺麗な6月の三室戸寺に行ってきた。見どころを紹介

6月はアジサイの季節です。京都でアジサイと言えば三室戸寺ですね。

この時を逃したらまた来年ということで行ってきました

三室戸寺とは

宇治川の北に連なる山々の一峰、明星山の中腹にある三室戸寺は、奈良時代に開かれた古寺で、西国観音霊場十番札所。

境内には江戸時代再建の本堂や阿弥陀三尊坐像(平安時代)を安置する阿弥陀堂、江戸時代建立の三重塔などが立ち、また鎌倉時代作という釈迦如来像を安置する宝物殿は、毎月17日に一般公開される。

境内の南側には、5月は2万株のツツジが、6月は1万株のアジサイが咲く庭園が広がっている。

お茶の京都

レポート

三室戸寺駅を出て左へ向かいます。まっすぐ行けばイイだけなので多分迷わないハズ。15分ぐらいで着きます。

京阪の宇治駅からでも行けますが、20分くらいかかるのと三室戸寺内で結構歩くため、短縮できるならした方が楽だと思います。

入口で入場料(大人料金500円)を払うとパンフレットが貰えます。裏に地図が書いてあるので便利。

門までの道。ここにも少しだけアジサイが咲いています。

道の両脇にはライトアップ用の灯篭が。

三室戸寺の門です。平日にも関わらずこの人の量。

60段ほどある階段。傾斜がかなり急でお年寄りの方は相当しんどいと思います。

到着。

ここで手を清めます。

ハート型のアジサイ絵馬がありました(500円)。

応援したくなる文章。

直球の煩悩(笑)。

お土産コーナーです。かなり混んでいました。

宇賀神の像。耳を触れば福、髪を撫でると健康長寿、しっぽをさすると金運がつくみたい。

牛の像。口の中に弾があるのでそれを触ります。

ウサギの像。手を入れて中の球を立てます。両手でやると簡単。

三室戸寺は蓮も有名です。6月下旬だとまだつぼみの段階でした。

線香をお供えします。

本堂です。

すぐ横には恋みくじがありました(200円)。

ちょっと離れたところに大きな鐘が(鐘楼といいます)。

三重塔です。

休憩所もあります。駅からかなり歩いてきたので足に優しいですね。

三室戸寺庭園のアジサイギャラリー

ここからは今回の目的のアジサイを見ていきます。本堂の近くにはアジサイはほとんどないため、庭園がメインになります。なんと10000株。すごいですね。

あたり一面のアジサイ畑。

様々な色のアジサイがあります。

変わった形のものもあります。

ハート型のアジサイ。何個か見つけることができました。これを見つけると幸せになれるらしい。

デザートが食べられます。疲れた人が多いのかかなり混んでいました。

出口を出るとお土産が売っています。

宇治ということでお茶。

まとめ

アジサイはかなり見ごたえがありました。これだけの量を普段見ることってできないですからね。

ただ神社仏閣に関してはそれほどという感じ。やはり来るならアジサイが見ごろになる6月下旬に来ましょう。

蓮も有名ですが蓮は少ししかありません。蓮を目当てに行くと肩透かしを食らう可能性があります(;´∀`)。

平日でもかなり混んでいたので、できれば休日は避けた方がよさそうです。

一人で来ている人も多いので、お一人様でも問題ありません。二人(カップル)で来ると写真が撮りやすいと思います。

楽しそうにしているカップルを見ると・・泣けてくるぜ(´;ω;`)ウゥゥ。

ABOUTこの記事をかいた人

元アパレル店員。ファッションとけもフレが好きなダメンズです。脱オタ歴は今年で9年目。トラッドをワークやミリタリーで崩すテイストが好き。30代中盤を迎え、体重がどんどん増えていることが悩み。