ついに行ってきました、ラーメン古潭。大阪では金龍ラーメンと並ぶほどの老舗でしょうか。

私も詳しくは知らなかったのですが、名前だけは以前から聞いていました。

ではでは、その様子をレポートしていきます。

ラーメン古潭とは

古潭(こたん)は大阪市北区に本社を置く株式会社吉光が大阪府を中心に展開しているラーメンチェーン店である。

1968年11月に株式会社吉光(きっこう)設立。同年、アベノ地下センターに1号店「札幌らーめん古潭・あべちか店」を開店した。

店名「古潭」は、アイヌ語のコタン(集落の意)に由来する。

厳選された素材の養分を引き出すまで強火でじっくり煮込ませた、コラーゲンを豊富に含んだスープにこだわっている。

Wikipedia

食レポ

梅田で降りて、阪急の地下入口の横をまっすぐ行きます。

到着。いかにも中華って感じですね。

食品サンプル一覧。種類が豊富です。

トマトらーめん。

野菜らーめん。

点心ぎょうざセット。

夏場は冷麺もやっています。

毎月5の倍数の日は「古潭の日」らしい。

古潭が願い事を叶えてくれる七夕企画をやっていました。

店内の様子です。阪急の横という一等地のため、ひっきりなしにお客さんが入っていました。家族連れも多くかなり騒がしかったです(;´∀`)。

テーブル席。写真では分かりにくいですが狭め、圧迫感があります。もう少し広くして頂ければ・・。

ビールセットもありますよ。

麺がまるごとキャベツな「らーベジ」。私は普通に一番人気の古潭ラーメン(醤油)を注文しました。他に味噌と塩も選べます。

ラーメン到着。

ネギの上にニンジンが乗っています。彩りが豊かになってイイですね。

チャーシューは2枚。脂身は少なく、パサついています。

麺は普通のストレート麺です。

スープは鶏ガラベースの醤油です。コラーゲンたっぷりとのことですが、クリーミーではなくあっさりしています。気持ち醤油が強めかなと。

まとめ

う~ん普通・・よりちょい上くらい?(;´∀`)。

老舗ということで長く生き残ってきた分美味しいのかなと思いきや、そんなことはありませんでした。

何というか、大阪人が子供の頃から食べ慣れている思い出の味といったところでしょうか。

あ、決して不味いわけではないですよ。ただ美味しいラーメンがここまで増えてきた現代において、特筆すべき点がないという意味です。

600円で食べられるのはありがたいのですけどね。

食べ終わって店を出ると行列ができていました。この人気の理由が分かりません(笑)。

オススメ度:★★★

おすすめの記事