SIRIUS(シリウス)はもう必要ない。買ってはいけない理由を解説 

これからブログやアフィリエイトサイトを始めようとしているときに、かなりの確率で目に入ってくるのが「シリウスはアフィリエイトに必須」という文言です。

初心者でも簡単にHTMLサイトが作れて、SEOにも強い(儲かるとは言ってない)。1回見ただけでは気にならないのですが、あまりにも多くのサイトで絶賛されているため、つい買ってしまった人も多いことでしょう(;´∀`)。

別にシリウスが詐欺ソフトであるなどと言うつもりはありません。むしろちゃんとしたソフトだと思っています。

ただしこれにはシリウスが発売された当時は・・という限定付きです。

シリウスが発売されたのが2012年、私が買ったのが2013年頃。当時はワードプレスもtwenty11やtwenty12だったので、シリウスのちょっと設定しただけで綺麗なサイトが作れることはとても魅力的に映りました。

では2017年現在ではどうか・・。完全に時代遅れなんですよね(;´・ω・)。

定期的にバージョンアップはされているのですが、他の成長速度が速すぎて完全に取り残されている状態です。

今回はそんなシリウスの買ってはいけない理由について述べていきます。

シリウスのデメリット

価格が高い

定価が高すぎます。確か上位版で25000円くらいしたかなと。通常版で18000円位。

なぜここまで高いからと言うとアフィリエイト報酬が1万円もあるからです。

だから皆さんあそこまで躍起になって宣伝しているのですよね。シリウスをオススメしているサイトの多さにはビックリします。

反対にカスタマイズについて詳しく書いているサイトはほとんどありません。売りっぱなしです・・。

ちなみにワードプレスではsimplicityなど無料で高性能なテーマがたくさんあります。有料のものでも大体1万円くらいなので、いかにシリウスが高いかが分かるハズです(;´・ω・)。

そしてカスタマイズについて書いているサイトも多いです。

スマホ対応は上位版だけの特典

シリウスの上位版は高い、じゃあ通常版を買えばいいじゃないって思うかもしれませんが、通常版はスマホ対応していません。

サイトの種類にもよりますが、観覧者の7割がスマホという昨今においてスマホ未対応では意味がありません。

予約投稿機能が使いにくい

上位版のみの特別な機能の一つに予約投稿機能があります。

データがローカルのPCにあるシリウスでは一般的なブログサービスと違ってそれをアップロードしなければなりません。

アップロードするために専用のソフトをずっと立ち上げておかねばならず、PCを切ることもスリープ状態にすることもできないのです。

私はこの機能がめんどくさくて結局毎回手動でアップロードしています。

被リンク自動獲得機能は限りなくブラック

上位版には被リンク自動獲得機能というものがあります。

これは自分のサイトを登録するとシリウスの販売会社の人が勝手に他のサイトとリンク設定をしてくれるというものです。

どのサイトとリンクされるかはされてみるまで分からず、しかも解除できません。

これグーグルが一番嫌いそうな手法ですよね。

私はペナルティが怖くて利用したことはありません。しかも最近は被リンクの重要性も下がってきているみたいですし・・。

これをいまだに堂々と上位版の機能にして宣伝しているのはどうかと思います。

登録したPCでしか使えない

シリウスはライセンス制なので使えるPCは登録したものだけになります。

基本的には1台なのですが、追加ライセンスを買うことができるので3台までは増やせます。

もちろんスマホで起動することはできません。

普段、作業するPCは決めているという人が多いと思いますが、旅行や出張先で記事が書きたくなった時に不便です。

投稿画面の文字が小さすぎて使いにくい

これ、めっちゃ不便です・・(;´・ω・)。

ノートPCだと目がチカチカするレベルで小さいです。

私は一度ワードで作ってから張り付けるようにしています。さすがにあの小ささで文章を書こうとは思えません。

一応デザインモードというワードプレスで言うところのビジュアルモードがあって、そちらはサイトで見た時の文字の大きさで表示されるのですが、如何せん重いです・・。

発売から5年以上経つのにここを改良していないのは非常にイタイです。

画像管理が大変

記事数が増えてくると大変になるのが書いた記事の管理です。しかしながらそれ以上に大変なのが挿入する画像の管理。

以前、10枚ほど画像を使う記事を60個書いたのですが、この段階でめちゃくちゃ大変でした。

ワードプレスは登録順に画像が並びます。しかしながらシリウスではアルファベット順です。しっかりと画像の名前を管理しておかないと見つけるのに一苦労します。

また画像一覧の表示が小さくて他の画像と間違って挿入することも多々あります。画像をたくさん乗せるサイトには向きません。

FTP設定が初心者には難しい

おそらく多くの初心者が苦労するのがFTPの設定でしょう。

シリウスはデータがローカルにあるのでサーバーにアップするためにFTPと呼ばれるソフトを使うことになります。

慣れていないとここがとにかく大変。一応メジャーなサーバーはやり方を書いてくれていますが、マイナーなサーバーだと自分で調べることになります。

ワードプレスでもFTPは使うことがありますが、避けようと思えば避けれます。

アップロードに時間がかかる

記事の数、画像の数が多ければ多いほどアップロードに時間がかかります。

さらにレスポンシブではないためスマホ用のデータもあるので、それだけで時間が2倍になります。

300記事以上のサイトをアップロードした時はかなり待たされました。

ブログ機能が酷い

シリウスにはブログ風に見せる機能があります。

しかしながらこれが本当にゴミのよう。無料ブログ以下という以前にまったく使えません。

詳しくはまた別記事で紹介しますが、この機能は取ってつけたような感じでただの集客目的用でしかありません。

サイトを作りたいけどブログもやりたいと思っている初心者を取り込むためのものです。

ブログ目的で購入すると絶対に後悔するでしょう。私はこの機能に関してだけは詐欺だと思っています。

コメント機能が無い

一応いじれば設置できるみたいなのですが、知識がないと無理ですよね。

それに設置したとしてもスパムコメントを除去する機能がないので、かなりヤバいことになりそうです。

問題は連絡先を書くところがないこと。

仕方なく○○★yahoo.co.jp←★を@に変換とかで対応しています。

You Tube動画がスマホモードに対応していない

You Tube動画を張り付けるとPCでは問題なく記事幅に収まりますが、スマホでは倍近くハミ出してしまいます。

もちろん動画のコードをいじればちゃんと収めることは可能です。しかしシリウスを新しく買おうと思っている初心者には何のこっちゃ分かりません・・。

なぜここをしっかりと対応しないのかが疑問です。

見た目が一昔前

シリウスが発売されたのは2012年です。そこから見た目に関してはほとんど改良されていないので5年前のままということになります。例えば記事幅とか狭いですよね。

もちろんシリウスで作るものはブログではなくてサイトなのでそこまで見た目のスタイリッシュさは求められていませんが、それでも若干古く感じてしまいます。今後時間が経つにつれこの傾向は強くなるでしょう。

またシリウスでは見た目を3種類から選ぶことができますが、どれもほとんど変わりません(;´∀`)。

あとは色とヘッダーを変えるだけですが、これも種類が多いわけではないためどうしても皆同じになります。

大掛かりなカスタマイズができない

サイトを作っているといつかはカスタマイズしたいという部分が出てきます。

h3・h4見出しくらいならcssを勉強すればできるかもしれませんが、大掛かりな見た目に関しては無理です。

そもそも見出しに関しても最近は3種類ほど用紙してくれているのがデフォです。未だに1種類しかないというのはちょっと・・(;´・ω・)。

小さいカスタマイズしかできないため、シリウスで作られたサイトはどこまで行ってもシリウスだと分かってしまいます。

まとめ

以上、シリウスのデメリット14点について書いてきました。

「2017年もシリウスで戦えます」や「初心者はまずシリウスを使って、慣れたらワードプレスに移行しましょう」などと書いているサイトもありますが、いきなりワードプレスからで大丈夫です。

ワードプレスの導入だって簡単な本を1冊読めば何とかなります。後はやりながら覚えていけば良いのです。

シリウスはそれなりに優秀なソフトではありますが、ワードプレスがどんどん進化している現在において今から買うのはどうかと思うのです。

ABOUTこの記事をかいた人

元アパレル店員。ファッションとけもフレが好きなダメンズです。脱オタ歴は今年で9年目。トラッドをワークやミリタリーで崩すテイストが好き。30代中盤を迎え、体重がどんどん増えていることが悩み。