アマゾンアソシエイト一発合格。受かるコツを紹介します

アマゾンアソシエイト一発合格。受かるコツを紹介します

最近、アマゾンのアフィリエイト(アソシエイト)を導入し始めました。

巷では審査が厳しいと言われていたので落ちることも覚悟していましたが、意外にもあっさりと1発合格しました。

そこで今回は、私が実際にアマゾン申請時に注意した状況や合格のコツを書いていこうと思います。

アマゾン合格のポイント

独自ドメイン・ワードプレスで運営

このブログは独自ドメインを取ってワードプレスで運営しています。

アマゾンアソシエイトはグーグルアドセンスと違って無料ブログでも利用できますが、中にはアメブロのように商用利用を禁止しているサービスもあるので注意してください。

記事数は100記事

ネットで他の人の記事を見ていると20記事辺りで申請している人が多いようです。

私は20記事だと広告を貼っても意味がないと考えていたので、100記事到達時点で広告申請をしました。

コンテンツ的には十分ですが、もし落ちていたらどこに問題があるか分からなかったと思います(;´∀`)。

次に申請するときは20記事くらいでやろうかなと。

1記事の文字数は800~2000文字くらいがメイン

大体800文字以上は書いています。一般的なブログとしては普通からやや少ないといったところでしょうか。

ただ文字数が少なくて落ちたという記事は見たことがありません。ですが500文字以下だとブログとしてどうなのってところですよね。

写真は1000枚以上

合格するまで画像は控えるという書き込みも多く見られました。

私のブログは画像が多いので100記事の時点で1000枚を超えていました。

もちろん8割方が自分で撮った写真なのですが、引用で借りてきた画像も200枚ほどありました。これらの画像に関しては引用元をしっかりと明記することで対応しています。

You Tube動画は10個ほど

画像と同じで極力動画も貼らない方が良いと言われています。

私は10個ほど貼っていました。しかも広告申請時点でのTOP記事に貼っていました。

問題なく通ったので特にYou Tubeが合否に影響することはないと思います。

ただ一応転載動画ではなくて公式動画にしています。これはアマゾン用とかではなくて、削除されたときの張替が面倒くさかったからです。

3時間ほどで合格通知が来た

思っていたよりもはるかに速く合格の連絡を頂けました。

おそらく担当の方はサラッとしか読んでないかと。それかテキトーに何個かつまんでいる感じですね。

プライバシーポリシーを記入

これを忘れて落ちる人が多いようです。

プライバシーポリシーへの記述はアソシエイトの他にもアドセンスやiTunesでも必要になるので、必ず作ってください。

TOPページからすぐに行けるようにしておくことも大切です。

購入履歴のあるアカウントを使う

良く聞くのがこれ。購入履歴がないと落ちるというものです。

確かに一度でも購入があれば住所や金融機関の情報は照らし合わせられますからね。

ちなみに私は申請直前にアカウントを取得し、プライム会員に入って2つ注文した状態のものを使用しました。全然問題なかったですよ。

まとめ

以上がアソシエイトに合格できたポイントになります。

あくまで一例になりますが、普通に運営していれば問題ないのかなと。

プライバシーポリシーの記入と購入履歴のあるアカウントだけは忘れずに作っておいてください。