同志社大学の学園祭(EVE)に行ってきた。写真付きレポート

※2016年11月の話です

前回は京都大学の学園祭についてまとめました。

京都大学の学園祭(11月祭)に行ってきた。写真付きレポート

2017年4月20日

今回は同志社大学の学園祭に行ってきたのでそれをレポートしていきます。

はい、今回も一人で回りました(´;ω;`)ウゥゥ。

同志社大学の学園祭(EVE)について

11月の最終週あたりに3日間今出川キャンパスで行われます(京都大学よりもさらに遅い)。田辺キャンパスはまた別にあります。

厳密には学園祭ではなく、創立記念祭という位置づけらしいです。

11月29日が同志社の創立記念日なので、その前日にあたるからEVEなんですね。

また200を超える模擬店が立ち並ぶのも特徴です。その結果あの狭いキャンパスがさらに狭くなるという・・。

学園祭の写真付きレポート

屋外展示

天気は晴天。写真は入り口付近です。この辺りは混雑もなくスイスイ進めます。奥の方に模擬店が見えますが、そこは人をかき分けて進まないといけません。

模擬店の価格は京大よりも100円ほど高かったです。さすが私立!

スペシャルゲストの案内。2016年の目玉はメイプル超合金みたいです。この他にもなかやまきんに君、銀シャリ、祇園、レイザーラモンなどお笑い芸人の方が登場します。

チケットは速攻で売り切れたみたい・・。

芝生の広場ではバイオリンの演奏会が行われていました。

特設ステージではフラダンスサークル。

別のステージではデスメタルバンドも。それぞれの会場が近いので若干音が混ざります。

同志社と立命館によるプロレス同好会。京大でやっていたのと同じサークルです。相変わらず下ネタ満載です。

出典:https://twitter.com/eve_doshisha/

その他ダンス公演や1日動物園などもありました。

室内展示

ボーカロイド研究会。自分たちで作った音源を販売しています。

こういうサークルに入りたかった。ついつい長居してしまいました(笑)。田辺キャンパスから通っている人もいるそうです。

音ゲー喫茶。太鼓の達人などの音ゲーを楽しめる喫茶店です。

ジオラマ研究会的なヤツ。かなり本格的に作りこんでいました。

写真は撮っていませんが普通に美術部などの展示もあります。

まとめ

所要時間3時間ほどで回れます。

やはり敷地の問題からか京大に比べてかなり規模が小さいです。

模擬店が多くあるせいで通路が混みすぎているのも問題です。

個人的には個性的なサークル展示を期待していったのですが、良かったのはボーカロイド研究会くらいで。あとは普通といった感じ。

どちらかというと同志社の学生だけでワイワイやっている印象を受けました。小さい子供やお年寄りはターゲットではないのでしょう。

来年も行くかと言われたら微妙なところですね。

ABOUTこの記事をかいた人

元アパレル店員。ファッションとけもフレが好きなダメンズです。脱オタ歴は今年で9年目。トラッドをワークやミリタリーで崩すテイストが好き。30代中盤を迎え、体重がどんどん増えていることが悩み。