[社会人]新入社員が気をつけておきたいこと。9つのアドバイス

前回は新入社員が会社で出世するための条件を解説しました。

[kanren postid="362"]

ここからはあえて言うまでもないけれど気にしておいた方が良いことをまとめます。

学生から社会人になるに当たっての環境変化は、高校から大学へ進学するのとは全然違います。

事前に準備できることはしておきましょう。

新入社員が気をつけておきたいこと

出典:http://storys.jp/

マルチ商法の勧誘に注意

マルチ商法の勧誘は誰もが通る道です。私は2回勧誘されました。

新入社員より2・3年目の方が勧誘されやすいかもしれません。

注意しておきたいのは、マルチ商法はねずみ講ではありません。違法でもなく立派なビジネスとして確立されています。

彼らはとにかく口がうまいです。高級マンションや外車の映像を見せてきて、自分にもできると思わせます。

しかしながら、参加するのは慎重になってください。お金・友人関係をすべて失う覚悟がないと難しいです。

またほとんどの会社で副業は禁止されています。見つかると人事に呼び出されます。人事に悪いイメージを持たれることは避けなければなりません。

ネットには怖い話がたくさん載っているので、ぜひ調べてみてください。

保険のおばちゃんに注意

会社の休憩室には保険の外交員(大半がおばちゃん。まれにお姉さん)が出入りしています。

これは自分の会社が保険会社に営業を許可しているからです。

特に新入社員の大半は保険に加入していないので絶好のカモになります。保険の外交員が見逃すはずはありません。

始めは単なる世間話ですが、信頼関係を築いたと判断された時点で勧誘を開始してきます。これがとにかくしつこい。

「先輩の誰々さんも入ってるよ」と言われますが、ウソである場合も多々あります。

保険の外交員はノルマに縛られているので、売り上げのためなら手段を選びません。

今はネットで入れる安い保険もあります。保険はいずれ必要になってくるものですが、知り合いだからということで安易に判断せずしっかりと自分で調べましょう。

新しいことに挑戦しよう

社会人になると会社と自宅との往復だけという生活になりがちです。そして休日は寝てるだけ。

社会人は学生とは違って自由になるお金が多いという武器があります。これを生かさない手はありません。

スーツにこだわるのも良いですし、楽器を初めて見るのもイイかもしれません。

思い切ってクラブデビューしてみるのもアリです。

フットワークは軽く、行動した分だけ自分の成長にも繋がります。いずれ仕事でも生かせる時がくるでしょう。

お中元・お歳暮について

社会人になるとお中元・お歳暮という文化があります。

お世話になっている会社の上司にだすのは当然です。いらないと言われたらいいのですが(そういう会社もあります)。

忘れてほしくないのは大学時代の研究室(ゼミ)。お世話になった場所なのでせめて1年目は出すようにしましょう。

今があるのは大学時代があったからなのです。

お酒で失敗するのは学生まで

会社の飲み会で酔いつぶれることは避けましょう。周りに迷惑がかかります。お酒での失敗は学生までです。

私は一度研修先で救急車を呼びそうになりました。結局呼ぶ前に意識を失いましたが(;´・ω・)。

しかしながら必ず飲ませてくるアルハラ上司は一定数います。これは体育会系の上司に多いです。

その場合は一度本気で酔いつぶれて自分の限度をアピールするか、うまく立ち回りましょう。

無下にアルハラを叫ばない方がイイです。仕事がやりにくくなるので。

飲み会は仕事を円滑に進める手段です。うまく利用してください。

タバコは吸わない方が良いけど、メリットもある

タバコは一度始めると中々止められません。健康にも悪いですし、金銭的にも結構な額になります。

吸わなくてよいなら吸わない方がイイに決まってます。

ただし会社の上司や役員、社長が吸っている場合メリットもあります。

喫煙室は非常にフランクです。同じ喫煙者ということで会話がはずみます。新入社員にとっては役員や違う部署の人と話せる機会はそうありません。

これが普通の休憩室(禁煙)の場合、非常に静かで重い空気が流れています。

どっちを取るかですね。ただしタバコを吸う場合は服についた臭いにだけは気をつけてください。嫌いな人は本当に嫌いなので。

昔の歌をカラオケで歌えるようにしておく

若い上司なら関係ありませんが、部長級の人とカラオケに行く場合は注意が必要です。

間違ってもアニソンやボカロを歌わないこと。社会的に死にます。

私はAKBを歌っただけでそういう人だと思われました(当時は今ほど人気がありませんでした)。

別に演歌である必要はありません。20年・30年前の曲でカラオケの定番曲をチェックしておきましょう。

女性社員の場合デュエットできるものをチョイスしておくとオジサン方は喜びます。

体調管理に気をつける

会社はちょっとのことでは休めません。葬式とインフルエンザくらいでしょうか。

体調管理も仕事の内です。

特に春や秋などの気温が急に変わる時期、繁忙期などのしんどい時期には気をつけてください。

エナジードリンクでも飲んで頑張りましょう。毎年誰か倒れるよね(;´・ω・)。

またストレスによる暴飲暴食にも気をつけてください。

入社して1年経つとストレスで太る人と痩せる人に分かれます。

20代の暴飲暴食は30歳を過ぎた頃に出てくるので注意。

睡眠の質を重視しよう

人生の3分の1は睡眠です。

家に帰ってから遅くまでネットを見て現実逃避したくなるのも分かりますが、早く寝ましょう。

睡眠をしっかり取っていないと次の日の仕事に影響が出ます。

疲れは顔に出るので営業や接客業などの仕事の人は特に注意。

オススメは寝具にこだわることです。

例えば東京西川が販売しているAirは8万円しますが、寝心地は抜群です。高いには高いだけの理由があることが分かるはずです。

毎日使うものなのでコスパ的にも優れています。ぜひ検討してみてください。

以上になります。

おすすめの記事