[V系]MERRY(メリー)のオススメ曲まとめ

[V系]MERRY(メリー)のオススメ曲まとめ

V系の中でも歌謡曲を代表するバンドメリー(MERRY)。

今回はそんなメリーについて深堀していきます。

メリーについて

メリー画像2
出典:http://vif-music.com/

2001年結成。2005年メジャーデビュー。

哀愁歌謡やエログロなどのアンダーグラウンドを軸とした音楽性とその強烈なライブパフォーマンスが話題となり、V系シーンにおいて一気に知名度を獲得していきます。

バンドのテーマはレトロック(レトロなロック)。ただし、メリーも他のV系バンドと同様にメジャーデビュー直後から音楽性が徐々に変化していきます。最近ではパンクやハードロック、ハードコアなども取り入れるように。昔のファンからするとかなり複雑(;´・ω・)

歌詞にはエログロや愛国を唄った詞が並びます。最近は純愛ソングも登場するようになりました。

ボーカルがディルアングレイのローディーを務めていたこともあり、ガラやネロの名付け親は京になっています。

またこの二人こそがメリーにおけるパフォーマンスのカギでもあります。

ボーカルのガラはV系には珍しく枯れてしまったハスキーボイスが特徴です。この声が歌謡曲メインの楽曲に非常によく合っています。どこか哀しい感じなんですね。

ライブでは基本裸足、学習机の上で三転倒立、墨汁を吐くなどの奇抜な行動が目立ちます。最近は普通にMCを行いますが、昔は全く喋らず、習字による筆談を行っていました。これをファンの皆で一緒に声に出すのがかなり楽しい。

ドラムのネロは全身全霊によるドラムパフォーマンスが特徴です。ライブ映像を見ると分かるのですが、こんな面白くて変則的な叩き方をするドラマーは彼以外に知りません。ライブ中もついつい彼に目がいってしまいます。ネロリズムというドラムソロがライブの途中に組み込まれています。

その他のメンバー、ギターの結生(作曲・イケメン)、健一(作曲・頭クシャクシャ)、ベースのテツ(デカイ・コルセット)などとにかく個性的なメンバーが揃っています。

メリーのオススメ曲

バイオレットハレンチ

メリーといえばこの曲。変態的なメロディーとエログロな歌詞。「わいせつナンバー、ヒクヒクナンバー」。いったい何回再録されるのかな(笑)。いかにも日本的なPVにも注目。

チック・タック

メリーの哀愁歌謡ならこの曲。北風が吹きすさむような寂しいメロディーが特徴です。途中に入るアコースティックギターもGOOD。

頭がザクロ

激しいギターリフが特徴的。ライブの定番曲でありヘドバン曲。大人しい人ほどキレると怖いを表現しているらしい。1stアルバム「現代ストイック」に収録されています。

溺愛の水槽

一番好きな曲です。2chの考察によるとガラの飼っていたウーパールーパーの話っぽい(笑)。歌詞はよく分かりません。

さよなら雨(レイン)

メリー最大の恋愛ソングといえばこれでしょう。まさに昭和歌謡です。初めて聴いたときに即購入を決意しました。

歌声喫茶『モダン』

自らのグループ名が入ったアルバム「M.E.R.R.Y.」のリード曲。Aメロが「青春アミーゴ」に似ている気がします。ネロの叩くドラムがリズミカルで好きです。

Midnight Shangrila

ライブ会場限定発売だったのですが、後にベストアルバムに収録されました。一番ゴリゴリでノリノリな曲。

メリーのオススメアルバム

MERRY VERY BEST 〜白い羊/黒い羊〜

2枚組のベストアルバム。シングル曲と人気の高いアルバム曲から構成されています。

ただ、一部曲が被ってしまいますが、できるならインディーズの頃の「現代ストイック」「モダンギャルド」も手に入れてください。初期の頃の醍醐味がつまっています。

メリーのライブについて

メリー画像3
出典:http://v-kei.jp/

最後にライブに関して書かせてください。

パフォーマンスについては上に書いた通り非常に奇抜で個性的です。まさにライブでこそ活きるバンド。

CDを聴いた段階ではイマイチかなと思った曲でも、ライブで聴くと納得することがよくあります。

個性的であるが故に敬遠されがちですが、ライブ自体は初心者に優しい仕様となっております。ファンの人も普通ですし、ヘドバンの嵐ということもありません。比較的ハコも小さいので近くで見れると思います。

ぜひライブ会場に足を運んでみてください。

以上メリーに関してでした。