[院試]大学院受験で地方の旧帝大をオススメする理由

大学院入試において受験校選びは重要です。

自大学の院に進学するのか、それとも他大学を受けるのか。人生における大きな岐路といって良いでしょう。

しかも院試は大学受験とはまるで勝手が違います。それ用の勉強が必要ですし、公開されている情報も少ないです。

そこで今回はなぜ私が地方の旧帝大をオススメするのかについて書いていきます。

地方の旧帝大がオススメな理由

出典:https://goukaku-suppli.com/

地方の旧帝大はコスパ大

他大学を受験するのなら、どうせなら上を目指してみましょう。

何も東大や京大を狙えとは言いません。この2つはいくら院試が簡単といってもやはり別格です。

内部生でも3人に1人は落ちますし、外部生で合格するのは4人に1人です。

しかも外部生の大半は旧帝大や早慶のトップ層です。さすがにこれはキツイですよね。

しかし東大・京大以外の旧帝大、つまり北大・東北大・名大・阪大・九大なら話は別です。

これらの旧帝大は実際の難易度に比べて遥かに入りやすいです。

もちろん大学受験を潜り抜けてきた内部生は非常に優秀です。

しかしトップ層は東大や京大に流れますし、外部受験者は地方国立や日東駒専から来るので十分に太刀打ちできます(もちろん彼らもその大学ではトップレベル)。

院試はかけられる時間が少ないため、コスパを重視しましょう。それが地方の旧帝大を目指そうということなのです。

旧帝大を狙う上では内部生に負けないこと、他の外部生に勝つことを目標とします。

教授や研究のレベルがすごい

まず旧帝大は補助金の額が凄いです。地方国立とは比べ物になりません。興味ある人は調べてみると驚きますよ。

地方国立だと大学に一つしかない機械が各研究室にあったりします。

また教授は各分野の最先端を行く人が揃います。その教授の元で学んだ人が他の大学の教授であることも多いです。

研究スピードも他の大学より早いです。優秀な学生が多いので論文の数も多くなり、研究がどんどん進みます。

思いっきり研究したいという人にはうってつけの環境が揃っています。

活発な学生が多く、その環境で成長できる

学生の活発度は偏差値に比例すると言われています。

実際に旧帝大の学生はかなり活動的です。社会問題に興味があってNPO法人や学生団体を立ち上げたり、海外に留学する学生も多くいます。

おそらく学歴コンプレックスがないため、自分を卑下することがなく多くのことに積極的にチャレンジできるのでしょう。

もちろんそこまで大きな活動でなくても社会の問題に意識を向け、イベントを企画したり参加している学生も多くいます。

また留学生の数が多いのも旧帝大の特徴です。

私の研究室には7か国から留学生が学びに来ていました。もちろんアジア圏が中心にはなりますが、身近で異文化に触れることができる大きなチャンスです。

ちなみに彼らは日本語が話せないため英会話必須です(ニッコリ)。

このように学生同士で刺激しあう環境が旧帝大にはあります。

就職率が良い

大学院に入学すると1年もしないうちに就活がはじまります。ここで旧帝大はかなり優遇された扱いを受けます。

学校の主催する説明会には誰もが知っている大企業ばかりが訪れます。しかも3・4日連続で説明会があるという力の入れよう。

実際に私の時は大丸の会場で立食パーティーが行われていました。

また有名企業にOBが数多くいるので、OBが話をしに来ることもあります。入社してからの学閥も安心ですね。

教授推薦も他の大学に比べると豊富です

そして地元企業への就職は最強です。エントリーシートで落ちることはかなり少なくなるでしょう。

旧帝大の学生は言うなれば攻略本を持ってゲームに挑むようなものなのです。

あと就活では採用が東京に集中するのを防ぐ地方枠というものがあり、地方の旧帝大の方が東大よりも就職しやすい場合もあります。

もちろん就活はそれなりにハードですが、就職先が早く決まるとその分研究に集中できるため、メリットだらけです。

都会にある

旧帝大の立地はそれぞれの地方で一番都会な県にあります。もれなく政令指定都市。

都会で学生生活を送れることは非常に重要で、色々なことにチャレンジしやすくなります。ただ遊ぶ時間はあまりありませんが。

また旧帝大はその地方の最高峰なので大学名を言うと崇められます(笑)。

地方旧帝大のデメリット

一応デメリットも書いておきます。

授業についていけない可能性がある

院試は対策次第で何とかなるのですが、実際に入学してみると周りのレベルの高さに驚くでしょう。

内部生は自頭が良いので、彼らが10かかるところを外部生は20かかるかもしれません。

研究でも論文を読む数が大学時代とは比較にならないため、英語の速読力・単語力で苦労するかも。

北大・東北大・九大は就活で交通費がかかる

企業説明会は全国で行われることが多いのですが、個人面接くらいになると東京や大阪に出なければなりません。

上にあげた3つの大学はもれなく飛行機か新幹線でしょう。

私は新幹線代で20万近くかかりました(;´・ω・)。

まとめ

以上になります。

ここまでメリットがるなら狙うっきゃないですよね。

ちなみに私の大学院生活はとてもハードでした。もう二度とやりたくありません(笑)。

ABOUTこの記事をかいた人

元アパレル店員。ファッションとけもフレが好きなダメンズです。脱オタ歴は今年で9年目。トラッドをワークやミリタリーで崩すテイストが好き。30代中盤を迎え、体重がどんどん増えていることが悩み。