[大阪]一風堂の元祖:シロマルベース 梅田店に行ってきた[口コミ]

大阪の梅田はラーメンの激戦区。

今回はシロマルベース梅田店に行ってきたので、その様子をレポートします。

シロマルベースとは

一風堂と同じ会社が運営しています。

一風堂の創業当時の味を再現したというのがコンセプト。コーンポタージュより濃いスープが特徴です。

実は九州には店舗がなく、東京に2店舗、大阪と名古屋に1店舗ずつあります。

福岡でラーメンの食べ歩きを100件以上したにもかかわらず今まで知らなかったのはこういう訳なんですね。

実は「梅田 ラーメン おすすめ」と検索すると、ほとんどといっていい程まとめサイトに掲載されているお店です。

食レポ

GW中ということもあり、梅田は人で溢れかえっています。

今回行った梅田店は一風堂の2階にあります。

前から見ても全然分からない・・(一風堂にはすでに大行列が)。実は路地を少し入ったところに2階へ続く階段があるので、そこから入ります。

打倒一風堂の看板が目印。

アパレルショップのようなオシャレなたたずまい。看板が無かったらラーメン屋だとは思わないでしょう。

階段を上って店に入ります。

一風堂ほどメジャーではないので外国人観光客はいません。オシャレな雰囲気なので女性客も多いです。

しかしながらこちらにも行列が。少し待ちました。

メニューです。メインは一風堂と同じく白丸と赤丸。

スパイシーな中州ブラックなんてのもあるみたいです。

注文票を渡されるので必要事項に丸をしていきます。このシステムは一蘭と同じですね。

今回は白丸を注文。シンプルなスープ程その店の実力がダイレクトに出ます。スープの濃さも濃いと特濃の2つから選べます。

トッピングでネギとキクラゲ、そして替え玉にも丸をしました。合計で900円です。

トッピングなしだと800円なので梅田で食べるラーメンとしては普通でしょうか。福岡基準だと高いですね。

また、この後人と会う予定があったため、ニンニク抜きを特記事項として大きく記入しました。

テーブルにはニンニクと紅ショウガが用意されています。一風堂にあるもやしはありません。

ラーメン到着。豚骨臭くはありません。

味は一風堂の元祖というだけあって、一風堂に似ています。

シロマルベースの方がよりシンプルな感じです。一風堂は若干クセがありますからね。

ただ、コーンポタージュよりクリーミーかというとそんなことはありません(笑)。

豚骨ラーメンを食べ慣れていない人でも気に入りそうな万人受けするスープです。

紅ショウガを入れるとパンチが効いてさらに美味しくなりました。ニンニクも入れるとコクが増すはずです。

まとめ

一風堂ブランドなだけあって普通に美味しかったです。

私はクセのある一風堂の方が好みですが、多くの人に受けるのはこちらだと思います。一風堂より混んでいないこともイイですね。

逆に弱点を挙げるとすれば、多くの人に高得点でも満点はないということでしょうか。八方美人なラーメンと言えます。

以上、シロマルベースの食レポでした。

オススメ度:★★★★

[福岡]博多ラーメンを100件以上食べ歩きした筆者が、本当にオススメするラーメン11選+α

2017年5月2日

ABOUTこの記事をかいた人

元アパレル店員。ファッションとけもフレが好きなダメンズです。脱オタ歴は今年で9年目。トラッドをワークやミリタリーで崩すテイストが好き。30代中盤を迎え、体重がどんどん増えていることが悩み。