[京都]塩ラーメンの名店:塩元帥 京田辺店に行ってきた[口コミ]

今回ピックアップするのは京都の三山木駅から徒歩3分の塩元帥京田辺店です。

何回か行っていますが、いつも店の外まで満員です。夜の10時でも入店するのに20分待ったこともありました。

久しぶりに三山木に来る用事があったのでレポートしたいと思います。

塩元帥とは

名前の通り塩ラーメンのお店です。関西に20店舗以上経営しているチェーン店になります。本店は兵庫県の尼崎市。

創業者の高橋博司氏はもともと醤油ラーメンの総大醤というお店を経営していました(今もあります)。

しかしながら自身の娘さんが添加物満載の塩ラーメンが好きだったことから、無添加で体に良い塩ラーメンを作ろうと思い立ちます。

そのお店が塩元帥で、今もなお出店地域を拡大しています。

また麺やスープは全て自家製で作られており、高橋さんが納得がいかないメニューは置かないという徹底ぶりも人気の秘訣です。

食レポ

駅から道路一本で来れます。黄色の看板なのですぐ分かるハズ。

店の外には風よけを設置した椅子が。冬場は非常に助かります。

いつもは満員なのですが、たまたま空いていました。待ち時間なく入れました。

店内の様子。実際はもうちょっと明るいです。写真では見えていませんが手前にお一人様用のカウンター席があります。

メニューです。メインは天然塩ラーメン。ほとんどの人がコレを頼みます。ギョウザが一押しらしい。

セットメニューもあります。私は唐揚げセットを注文しました。

ニンニクとキムチはお好みで。今回は入れてません。

ラーメン到着。セットなので唐揚げが4つとライスが付いてきます。これで910円。

パッと見醤油ラーメンのような見た目です。ゆずが入っているのでゆずの独特な香りがします。

麺は普通のストレート麺。のど越しがよく箸が進みます。

麺を口に入れるたびにゆずの香りがスーッと鼻から抜けていきます。この感覚は他のラーメンにはない特徴です。

味も王道の塩ラーメンというよりは、醤油と塩の中間のような感じです。

チャーシューも美味しいです。暑さが5㎜はあろうかという肉厚具合。にもかかわらず口の中でホロホロとろけていきます。

セットの唐揚げ。塩元帥特性の塩で頂きます。なんでギョウザを頼まなかったのかというと、塩を一番堪能できるのは唐揚げだからです。

注文してから揚げ始めるので中は熱々。やけどに注意してください。

そしてめちゃくちゃ美味しい。個人的にはラーメンよりも好きです。

ラーメン・唐揚げ・ライスのセットはかなりボリュームがあり満腹になりました。夜に食べてはいけない量です。

この辺りは同志社の学生さんが多いので、満足できる量だと思います。

まとめ

実は初めて食べた時はあまり美味しいとは思っていなかったです。ゆずの香りが独特すぎました。

ただ何回か通っていくうちにアリだなと。

その意味ではスルメ的なラーメンなのかもしれません。

関西に住んでいる方はぜひ一度お試しあれ。

オススメ度:★★★★

ABOUTこの記事をかいた人

元アパレル店員。ファッションとけもフレが好きなダメンズです。脱オタ歴は今年で9年目。トラッドをワークやミリタリーで崩すテイストが好き。30代中盤を迎え、体重がどんどん増えていることが悩み。