[V系]the GazettE(ガゼット)のオススメ曲まとめ

ガゼット画像1

皆さんはV系(ヴィジュアル系)の音楽を聴くことがありますか?

最近はブームが下火になっているので人によってはV系=ゴールデンボンバーという人もいるかもしれません。

個人的な感覚だと大体10年に一度くらいの間隔でブームが来るのですが、2010年代のブームはまだきておりません。

日本独自の音楽文化でヨーロッパなどの海外では特に人気があります。

日本では色物と見られている節が強いですが、しっかりと聴いてみればそのキレイなメロディーラインや思いが伝わってくる歌詞に、結構本格派だなと感じられるはずです。意外とロックやっているんですよ。

多くの人の知識が90年代V系で止まっているので、このブログではそれ以降について書いていきます。また、新たにV系に興味を持とうとしている方にも参考になれば幸いです。

今回はV系紹介シリーズの第1弾としてガゼットを紹介していきます。

ガゼットについて

ガゼット画像2

出典:http://jpop-addict.blogspot.jp/

2000年代中盤のネオヴィジュアル系の中でも中心的な存在。結成は2002年。

かつてはDir en greyのパクリだの何だの言われていましたが、綺麗なメロディーラインと切ない歌詞はV系の中でも特質すべきものがあります。

しかしながら、それも2007年頃までで、それ以降はミクスチャー要素を組み込みなぜかあらぬ方向へと行ってしまいました。 また、最近はデスメタルに傾倒しています。

それゆえ、昔の方が好きだったと言われる代表的なバンドの一つでもあります。

ベスト盤が出ていますが、あらぬ方向に行ってしまった後の曲が多いので、単純にオススメすることはできません。

また、シングルのカップリングやアルバム曲に名曲が多いので、初めての方はCD集めに苦労することになります。

ガゼットのオススメ曲

春雪の頃

シングル「reila」のカップリング曲。もちろんreilaもイイ曲なのですが、それを食ってしまうほどの超名曲。ガゼットらしい爽やかながらも少し悲しいメロディーライン。好きだった人に想いを告げられずに卒業してしまう歌詞がグッときます。

7月8日

シングル曲の「別れ道」から2年後の世界を歌った曲。「春雪の頃」とメロディーが似ています。こちらも王道失恋ソング。ボーカルのルキはこの手の歌詞を書かせたらV系の中で断トツだと思うの。とにかく歌詞を堪能して欲しい。どの部分をとっても素晴らしい曲。

貴方ノ為ノ此ノ命

のぞきが趣味の変態男の歌。イイ感じで気持ち悪いです(笑)。サビのメロディーはこれぞガゼットという、ガゼットにしか出せないメロディー。ベースラインがとてもキレイです。PVで見られる変な振りにも注目(笑)。中盤で一瞬ダレることだけが難点かな。

ザクロ型の憂鬱

ガゼットお得意の物語の主人公が最後に死ぬ系の曲。この曲に限らず物語調の曲では主人公が亡くなることが多いです。悲しい歌なのですが、ジャズっぽいアレンジがされていてノリノリで聴けます。随所で入るアコースティックギターの音色が好きです。最後の終り方がうまく締めたなという感じ。「たとえ二人が目覚めなくても」のところがお気に入り。

未成年

超高速、爽やか系メロディー。思春期の反抗と葛藤を歌った歌詞がマッチしています。よくツアーファイナルなどの大きい公演のラストで歌われます。イイ曲なのですが、曲の長さが6分を超えるため、この曲をカラオケで歌うのは止めてほしい(;´・ω・)。アルバム未収録曲なのでシングルで手に入れてください。

SHIVER

アニメ黒執事のOP。アニオタにはこの曲が一番有名。ミクスチャーに入った以降の曲ですが、初期の頃のような疾走感のあるメロディーが特徴です。昔が好きだった人にも好評だと思います。歌の起伏が少ないのでカラオケで歌いやすいところもポイント。もちろんDAM・JOYともにPVありです。

Cassis

至極のバラード。アコースティックギターでのイントロやAメロの地声の良さがたまらない。ガゼットが初めてTOP10入りした曲でもあります。カウントダウンTVのOP曲でした。この曲でガゼットの存在を知った人も多いはず。私もここから入りました。

ガゼットのオススメアルバム

Disorder

ロックからバラード曲まで良曲が揃っています。オススメ曲は、「ザクロ型の憂鬱」「7月8日」「東京心中」「花言葉」「Carry?」など

TOXIC

今回の記事では触れなかったミクスチャー以降のアルバムです。最近の中だとこのアルバムが一番かなと。キレイなメロディーラインは残しつつ、ミクスチャーな要素がうまく融合している。そんなアルバムです。オススメ曲は「SHIVER」「RED」「VORTEX」「VENOMOUS SPIDER’S WEB」「TOMORROW NEVER DIES」など

ガゼットのライブってどんな感じ?

ガゼット画像3

出典:https://matome.naver.jp/

ライブについても書いて置きます。

一言で言うとファンの質が非常に悪いです。悪いと言うと語弊があるかもしれませんが、超特殊だと思ってください。

コテコテのV系コス、レディースの総長みたいな服、天使に悪魔、果てはピカチュウまで。とんでもなくカオスな集団です。男の客はほとんどおらず、一人で行くと疎外感が半端ありません。

基本的に大きなホールでやることが多いので、モッシュはあまりないですが、ヘドバンの嵐で、前の人の髪が目に入ってきて痛いです。フリも何曲かあるのでDVDで予習をしておきましょう。

昔に比べるとライブでのパフォーマンスも圧倒的に向上しています。ライブに行けばガゼットがV系のトップを走っている理由が分かるはず!

以上、ガゼットに関してでした。異論は多いに認めます。

やっぱりガゼット聴かなきゃV系は始まらないよ!

ABOUTこの記事をかいた人

元アパレル店員。ファッションとけもフレが好きなダメンズです。脱オタ歴は今年で9年目。トラッドをワークやミリタリーで崩すテイストが好き。30代中盤を迎え、体重がどんどん増えていることが悩み。